鉄のラインバレル 07話 – 異星人が、美人が?

わけがわからんが、これは今まで一番面白い回よなw

snapshot20081114175202 by you.
Title


成績それなり、運動神経抜群、
女子人気ナンバーワンのカリスマ中学生・・・
それがこの俺、道明寺誠だ!
早瀬くん、あなたは本当に最低です!

俺は確かに君達の敵だ。だが、現にこうして君の目の前にいる。
その理由が君に想像できるかね?お前らの考えなんて分かるか!

それはよくないな。想像力は生きるための力そのものだ。
事態を予測し、可能性を考慮し、未来に備える・・・
その能力を失くした者は柵に囲われた家畜となんらかわりはない。

想像せよ、それだけが来るべき時代を生き抜く唯一の手段なのだ。

それは当然だ。単純な侵略兵器である他のマキナと比べ、
ラインバレルはそもそもの設計思想からして違う。
ラインバレルを設計し、作り上げたのは天才と謳われた科学者・城崎アマガツ。

あ、ラインバレルと共にこの世界に来た城崎絵美は城崎アマガツの娘。
つまり、俺と同じ世界の人間だよ。
現在、JUDAに現存するマキナは全て石神が加藤機関から奪取したものだ。

彼が加藤機関を裏切り、離脱する際にね。石神は元々加藤機関の幹部だったんだよ。

早瀬くん、正義の意味を知りたければ加藤機関に来い。


下回 生身アルマ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中