コードギアス 反逆のルルーシュR2 最終話 – 殺身成仁,這才是王的力量!!!

これで・・・いいのかな・・・?

snapshot20080928051247 by you.
Title


八年ぶりにお兄様の顔を見ました。
それが人殺しの顔なのですね、おそらく私も同じ顔をしているのでしょうね。
やはり、今までのフレイアはお前が・・・

はい、止めるつもりでした、お兄様を・・・たとえ、お兄様が死ぬことになったとしても。
ですからお兄様にフレイアを、このダモクレスの鍵を渡すことはできません。
お兄様がギアスを使われたとしても!

カレン、どうしても邪魔をする気か?

スザク、私はあなたを誤解していた。
やり方は違うけど、あなたはあなたなりに日本のことを考えていると思っていた。でも・・・

自分は・・・俺とルルーシュにはやらねばならないことがある。

ダモクレスはどうなる!?強制的に人を従わせる卑劣なシステムではないのか?

ダモクレスは憎しみの象徴になります。
憎しみはここに集めるんです、皆で明日を迎えるためにも。

そうか、ナナリー・・・お前も・・・なら・・・
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる、ダモクレスの鍵を渡せ!

ナナリー、お前はもう立派に自分の考えで生きている・・・
だからこそ俺も俺の道を進むことができる。ありがとう・・・愛している、ナナリー。

全世界に告げる。私は神聖ブリタニア帝国皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアである。
シュナイゼルは我が軍門に下った。
これによってダモクレスもフレイアも全て私のものとなった。

黒の騎士団に私に抵抗する力は残っていまい。
それでも抗おうというならば、フレイアの力を知ることのなるだけだ。
我が覇道を阻む者はもはや存在しない。

今日この日、この瞬間を持って世界はわが手に落ちた。
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる、世界は我に従え!

スザク、約束通りお前が俺を殺せ。予定通り、世界の憎しみは今、俺に集まっている。
後は俺が消えることで、この憎しみの連鎖を断ち切るだけだ。
黒の騎士団にはゼロという伝説が残っている。シュナイゼルもゼロに仕える。

これで世界は軍事力ではなく、話し合いという一つのテーブルに着くことができる、
明日を迎えることが出来る・・・スザク、お前は英雄になるんだ。
世界の敵、皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアから世界を救った救世主・ゼロ。

ル、ルルーシュ・・・

これはお前にとっての罰だ。お前は正義の味方として仮面を被り続ける。
枢木スザクとして生きることはもうない・・・
人並みの幸せを全て世界のために捧げてもらう、永遠に・・・

そのギアス、確かに受け取った。

そんな・・・お兄様は今まで・・・お兄様、愛しています!
あ・・・俺は世界を壊し・・・世界を創る・・・

ね、ルルーシュ。あれから世界は随分とマシになったわ。
戦争に向いていたエネルギーは今、飢餓や貧困に振り向けられている。
色んな憎しみや悪事はほとんどあなた一人に押し付けられて。

皆、ダモクレスというシステムより名前のある一人の方が分かりやすかったってことかしら?
調子のいい話よね。でも、だからこそ、皆は過去にとらわれず先に進めるのかもしれない。
計算通りだってあなたは笑うのかしら?勿論、色んな問題は残っているけど。それでも・・・

ギアスという名の王の力は人を孤独にする・・・
少しだけ違っていたか・・・?な、ルルーシュ?

踏上一人的旅程 ギアス的王之力會讓人孤獨 但ルルーシュ讓她知道 還是有點不一樣的 她問向天際…


這部作品在長達四季的放送後 也終於劃下句點了 比想像中還要好的結局就是 不過大概也算是個
贊否兩論的結局吧 尤其是當感情面壓過理性面 而感情面又完全無法接受的時候 個人的話 理性面
可以理解這個結局就某方面來說是必然 但是就感情面來說 果然還是有點無法接受 從過去王之力

會讓人孤獨這句話來看就已經知道 ルルーシュ的結局不會好看到哪裡去 尤其是在ルルーシュ走過
修羅道上 已經又太多人因他而死 其中重要的人還有ユフィ和シャーリー等 事實上光是從這個角度
來想 ルルーシュ就已經就某方面來說 需要為此贖罪了 更何況 ルルーシュ的本質根本不是惡 真的

最初から最後まで偽悪者のキャラを貫く

要說的話 從開始到最後 ルルーシュ都是接近完美的偽惡者 如果這樣說的話 直到最後那個誓言的
成立 是為偽惡者反對面 偽善者的スザク 某方面來說的確是跟ルルーシュ一對的w 這回的ナナリー

正直、前半はうざかったw

說實在的 前半真的有點吵 不過仔細一想的話 這也是所有人對ルルーシュ他們現在所做一切看法
ルルーシュ他們在C的世界中所知道的情報 某方面來說 是屬於神之視點 這裡可以再套入兩個理論
一個是 人類對未知的東西無法 不想去了解 另外一個則是 時代的先驅者 不管是哪方面 多數時候

在"現在"都不會被人理解 這也跟上一話的過去・現在・未來論有所連接 開始ルルーシュ原本還有點
疑慮在想說要不要對ナナリー使用ギアス 而在聽ナナリー有著跟自己類似的想法後 立下ギアス的
那一段也是在整話看完後就可以理解的行動 包括ルルーシュ之後在心中說的那句話 而他所說那句

愛ナナリー的話 在最後由ナナリー口中道出也是良好的前後呼應 最後可以聽到妹妹這樣說 某方面
來說 身為妹控的ルルーシュ的確可以含笑而逝w スザク和カレン的那場戰鬥算是最終話想要以戰鬥
讓場面熱起來的一種演出方式 同時也滿足兩台此作最強機體的最終對決 當時看到ランスロット那樣

乾脆的爆炸時 我的面上超複雜的說 不過因為是超人スザク 所以還是想辦法活下來的樣子 在最後
以ゼロ的身份將惡的權化 ルルーシュ給殺了 這裡再次利用 次元不同的認知斷層來收尾 當初因為
ギアス的關係所以在東京發射フレイヤ 而過去又犯下無法饒恕之罪的スザク 以ルルーシュ所言方式

一生的贖罪 這說不定也是スザク自身所渴求 還有當初答應ルルーシュ計劃 立下誓言的原因 不過
第一次看的時候只是後味有種難以言喻的感覺 不過當第二次看兼寫內文的時候 看著寫著的突然

「グッ」と来て、結構感動しましたw

就感動起來了 尤其是ルルーシュ死前走馬燈的那段演出破壞力最大 配上ひとみ新曲 演出最高(淚)
其他部份的話 比起主役二機戰鬥還要熱血的オレンジ真是帥爆了 一期時根本想不到 二期會變成像
這樣帥氣的角色 而オレンジ還真的成為榮耀的樣子 最後和アーニャ一起種橘子XD 有關ルルーシュ

的感情關係 カレン的話 這種程度的交代算是可以接受 不過C.C.的就…老實說 雖然說對這最終話
並沒有什麼不滿 但我還是很想要看到魔王和魔女登對的樣子就是XD 說起來 C.C.的不死身現在也
已經沒有了 之後就這樣孤身一人活下去 想了就覺得有點悲傷 阿 對這最終話 我還是有點不滿之處

扇の奴、やっぱり一番納得いかないエンドだよなw

為什麼這種人可以當人生的勝利者當成這樣子 我個人完全無法接受w 話說回來 那張結婚照裡頭
沒有黎星刻的說 雖然可當成是拍照的人 不過也可以當成(ry まあ 真的那樣的話 天子也不會在那
笑得那麼開心了XD 而這回的標題"Re:" 就跟上回感想最後說的一樣 當成"回答"是最好的解釋 而

誰對誰的回答 或者像我上回所言的 ルルーシュ對世界的回答 就看個人見解了 當然 如果說要當成
一期最終話標題是「ゼロ」所以「Re:」的意思就是:ゼロ回來了! 也沒關係就是XD 最後想提就是
最終話的エンドカット是由櫻井孝宏親自畫的樣子 クレジット裡有出現在原畫裡頭 總結來說的話 一期

沒有毫無疑問的是接近零缺點的名作 二期雖然說很多地方都很微妙 都合主義又超展開 不過包括
這最終話後 也可以算是普通的名作 如果說整體水準跟一期完全一樣的話 就算是說是可以留在於
アニメ歷史上的名作也不為過的說 雖然現在大概也是就是XD 在最終話算是漂亮的結束 沒有成為

ネタアニメ真是太好了 因為一期和二期的間隔 所以スタッフ都是集中制的 除了二期腳本全部都是由
大河內一樓所寫的外 絵コンテ幾乎都是須永司一人畫的 這部作品功臣的其中一人 不過畫到後來也
好像有點累了 所以有的時候會出現像是シャルル皇帝下半身噴射這樣噴茶分鏡就是XD 總而言之

能夠和這樣的作品相遇真是太好了 スタッフ們辛苦了 來週開始 主題有點類似的ガンダム00二期開始!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中