ゆうきまさみのSFアクション、アニメ化始動!

「機動警察パトレイバー」「究極超人あ~る」など、多くの傑作を生み出したゆうきまさみの人気コミック「鉄腕バーディー」(「週刊ヤングサンデー」小学館刊)がTVアニメ化され、’08年7月より放送開始予定だ。

つて惑星を消滅させた程の強大な力を秘めているといわれる“リュンカ”。そのリュンカをもち去った逃亡犯を追って地球にやって来た宇宙連邦捜査官バー
ディー・シフォン=アルティラは、捜査の途上で誤って地球の高校生、千川つとむを殺してしまう。破壊してしまったつとむの肉体が修復するまでの間、彼女は
自らの体につとむの記憶と心を宿した。こうして2人は時につとむとして高校生の日常を送り、そして時にバーディーとして任務を遂行する、“二心同体”の生
活をすることに……。
今回は2話のアフレコを終えたキャスト6人に、それぞれのキャラクターや2話目の収録を終えての感想、作品の見どころなどを聞いた。

──キャラクターの紹介と、2話の収録を終えての感想をお願いします。

千葉紗子(バーディー・シフォン=アルティラ役)
「バー
ディーはすごく気が強く、わりと感情の起伏が激しい女の子ですね。戦闘能力がとても高いバーディーですが、2話で彼女がつとむ君と二心同体になってから、
彼女の能力が少し落ちてしまいます。その動きの違いが1話と2話のアクションシーンを比較すると本当に明らかなので、私もアクション時の息使いや動作の声
を意識して演じています。今後彼女の能力がどうなるか心配でもあり、楽しみです。また、2話でつとむ君とようやく会話ができるようになったので、2人のテ
ンションの差や、言い合いをするところも楽しみにしていきたいと思います」

入野自由(千川つとむ役)
「つとむはごくごく普通の高
校生です。彼はテンションが低めで、趣味も意外なもので廃墟探索なんです。いちばんびっくりしたところは、1話でとある廃墟でバーディーと出会い、わけの
わからないまま、いろんなことに巻き込まれて死んでしまうところですね。また、1話のときはほかの方々のテンションが高い中、自分だけ低いテンションを保
つのが大変で、みんなに乗っかってしまうのを抑えるのに集中しました。2話のバーディーとのやりとりは1話とはまったく異なる、テンションアゲアゲな感じ
だったので、今後はどっちの方向でいくことになるのか楽しみです」

伊藤かな恵(早宮夏美役)
「夏美はつとむの幼なじみで、クラス
メイトで、とにかく元気な人間の女の子です(笑)。この作品の女の子は気が強いタイプが多くて、特に夏美はよくつとむ君に怒っています。坂本さん演じる小
夜香ちゃんが2話の最初のほうで事故に遭われてしまいまして、そこからお話がどのようになるか、また原作では夏美は宇宙人とあまり関わりがないんですが、
アニメではどうなるのかがすごく楽しみです」

坂本真綾(中杉小夜香役)
「小夜香はオリジナルキャラクターで、性格がすごくおとな
しい、ちょっと美人なお嬢様という設定です。千川君にとっては、彼女の笑顔にどきっとしてしまうような、ちょっと気になる存在のクラスメイトです。監督か
らは、小夜香はいろいろな不思議な体験を経験し、どんどん元気になっていくと説明されたので、だんだんと変化していくのかなと思ってたんですけど、今日の
2話で、どうやら違いそうだということが分かりました。ここから彼女がどう変わっていくのかが私も楽しみです。バーディーが追ってきた、“リュンカ”とと
もに小夜香は交通事故に遭うので、もしかすると今後は重要なポジションに絡んでくるかもしれません」

鈴村健一(サダジット=シャマラン役)
「シャ
マランもオリジナルキャラクターです。地球人なのに意味深な台詞を言うことが多く、確実にバーディーと敵対していく位置にあるんだろうなあと感じました。
なんとなく、なんとなくですが……死亡フラグがたっている気がしてなりません(笑)。余談ですが、オーディション時のキャラクターの絵がもじゃもじゃパー
マの本当にアラブの石油王みたいな人で。その後現場に行ったら変わっていました(笑)。しかも、石油王だと思ってたら、総合娯楽企画会社・プレイメイ
カー・インダストリアス社の社長でした。なので、これからは石油王ではなく、社長と呼んでいただければと思います(笑)」

名塚佳織(カペラ・ティティス役)
「カ
ペラは宇宙人です。ただ、それ以外の部分に関してはまだ分からないことばかり。謎めいたキャラクターですね。これから彼女が地球に乗り込んでどんなことを
していくのか期待しています。カペラは2話から登場します。いろんなことに首を突っ込んでいきそうなキャラクターなので、今後どういう展開になるのか楽し
みでもあり、不安でもあります」

──千葉さんと入野さんのお互いの役の印象はどうですか?

千葉
「クラスメイトに
いたら絶対友達にならないタイプだと思います(笑)。1話よりも、バーディーと喧嘩をするようになってからのつとむ君のほうが人間らしくて好きです。つと
む君はちょっとかわいらしく描かれている印象があるので、入野君の素朴な声にあっていると思います。つとむ君は1話と2話でテンションが違いますが、今
後、彼がどっちの方向に成長していくのか見ていきたいです」

入野
「かっこいい、のひとことにつきると思います。僕は筋トレにはまっているので、銃に撃たれても平気で、強靭なバーディーの肉体に憧れます(一同笑)」

──この作品は、アニメオリジナルの展開もあるということで楽しみなんですが、アニメとしての魅力や見どころを教えてください。

千葉
「アニメになることで音楽と声が絵にふきこまれ、キャラクターをはっきり区別できると思います。キャラクターが多く、キャラの思惑も入り組んでいる物語なのですが、そこがアニメのストーリーではすなおに楽しめるようになっていると思います。ぜひ見てください」

入野
「アクションシーンは必見です。ぜひ注目してください。また、キャラクターごとのテンションの違いが見どころだと思います。特にバーディーとつとむは見ていてとてもおもしろいので、ぜひご覧ください」

伊藤
「オリジナルキャラクターの小夜香ちゃんやシャマラン。そしてオリジナルのストーリーと、私も今後の展開が楽しみです。みなさんも楽しみに待っていてください」

坂本
「この作品には、地球にいるときの顔と本来の姿の2つの面をもつキャラが多いのですが、アニメでは声が入ることで、その違いがはっきり分かってとてもおもしろいです。原作ファンの方の期待もきっと裏切らず、新しいバーディーの世界観をアニメで表現していけると思います」

鈴村
「ゆ
うきまさみさんのすごく有名な作品なので、このタイミングでアニメになるのがすごく不思議な感じです。そこに赤根監督のマジックがどうかかるか期待してい
ます。アニメーションらしく、直感で見て感覚的に触れることができる、そんな動きのあるものになると思っているので、楽しみにしてください」

名塚
「原
作は、みなさんがそれぞれのイメージで鉄腕バーディーの世界を読んでいると思います。アニメでは、私たち役者やスタッフがつくる、もうひとつの鉄腕バー
ディーをお見せできればと…。また、効果音やBGMがどういうものになるかも気になります。みなさんも楽しみにしていてください♪」

■ TV ANIMATION 「鉄腕バーディー DECODE」 公式サイト
http://www.birdy-tv.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中