まったく新しい近未来サスペンスドラマ TVアニメ「RD 潜脳調査室」アフレコ

全世界で大ヒットとなった人気シリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE
COMPLEX」を生み出したプロダクション
I.Gと士郎正宗が再びタッグを組んで制作する完全オリジナルの新作アニメ「RD 潜脳調査室」が、4月8日(火)深夜0.59より日本テレビにて放映ス
タートする。


間がネット社会を構築して50年後のこと。インターネットにさまざまな問題が生じたため、セキュリティを強化した新たなネットワーク空間「メタリアル・
ネットワーク」、略して「メタル」が構築されていた。この物語は、リアルとメタルの狭間で起こる事件を調査する電脳ダイバー・波留真理を通して、生きるこ
との尊さを描くヒューマンストーリーである。

去る3月初旬には、都内のスタジオにてスタッフ・キャストが出席しての製作発表会見が行なわれ、それぞれに作品への期待と意気込みを熱く語っていた。

森功至(波留真理役)
「私
事で恐縮ですが、僕がアニメで主役デビューした『マッハGoGoGo』は、20代のころでした。今、僕はもう60を過ぎていますので、この年でまさか主役
の仕事をするとは思っていませんでした。この波留真理という役は、30代と80代の声を使い分けて『潜脳調査室』の世界を描いていこうという、非常に難し
い役ですよね。とんでもない役を仰せつかってしまったなということで、どこまでできるかわからないんですけれども、若い人たちに交じって精いっぱい頑張り
たいと思います」

沖佳苗(蒼井ミナモ役)
「今回、ヒロインという大役を初めていただきました。最初はすごく緊張していたんです
が、温かい共演者の皆さんに恵まれて、のびのびと演じさせていただいています。ミナモちゃんの成長とともに自分も成長していけたらなと思っています。番組
の最後にあるミニコーナーも担当させていただくことになりましたので、そちらもぜひ楽しんでいただけたらなと思います」

川澄綾子(ホロン役)
「監
督がこの作品で『人間の心を描きたい』とおっしゃっていて、私の役は人間じゃない(アンドロイド)のでどうしよう?と思ったんですけど、みんなが互いを思
いやっている姿がすごく描かれていて、それはホロンの心も描かれているので、これから先が楽しみな作品だなと思いました。世界観が難しい面もありますけれ
ども、わかりやすく、ハートウォーミングな面もあるので、女の子でも楽しんでいただけるような作品になると思います」

藤原啓治(久島永一朗役)
「作
品の世界観的にも、また絵がきれいなこともあって、アニメ的なお芝居というよりは、抑制の利いたリアルなお芝居を意識しながらやっているという感じですの
で、普段あまりアニメを見られない方でも楽しんでいただけるんじゃないかと思っております。設定や用語では耳慣れない言葉も多かったりはするんですけど、
わりとシンプルなテーマがあるんじゃないかと思っていて、そこは個人的にも楽しみにしているところです」

高橋広樹(蒼井ソウタ役)
「蒼
井ソウタは、物語冒頭は久島永一朗の部下として淡々と仕事をこなす冷静な若者なのですが、聞いたところの設定によりますと、先々は蒼井ソウタにもいろいろ
なことがあって、中には色っぽいこともあるかもしれないという話ですので、そちらを演じられることを楽しみにしております。近未来SFものですが、そうい
うヒューマンドラマをお見せすることができるのではないかなと思います。見どころとしては、ホロンがグラマーです(笑)」

古橋一浩(監督)
「今
回、士郎正宗さんに世界観とキャラクターと大きな枠組みをいただいて、監督としてその材料をいかに肉付けするかというところで、今まで以上に責任を感じ、
ライフワークといえるほどの、自分の力を最大限に試すような作品になっています。今まで培ってきたものを、すべて投入した形でつくっていまして、現状はか
なり手ごたえを感じております。難しい部分もあろうかと思いますけど、お話としては子供からお年寄りまで幅広く楽しめる敷居の低さを念頭につくっていま
す。長く心に残る作品になればというのが一番の願いです」

藤咲淳一(シリーズ構成)
「この作品は『攻殻機動隊』の先にある未来の
世界をいっしょにつくってみたいというのがきっかけで始まっています。そのうえで今回、人工島という舞台とメタリアルというネットワークの世界を設定し
て、その先には人間の本質みたいな部分や、もっと大きなものにつながっているんじゃないかというSF的なメッセージを込めています。そして、メタリアルの
海の底に向かっていくダイバー・波留真理が、そこで見つけるものが作品のテーマでもあります。人間の本質が浮き彫りになってくるような、深い世界を作って
いって、この26本でメッセージを残していきたいと思っています」

中谷敏夫(プロデューサー)
「番組をつくるときにいつも、ひと
つだけ大切にしていることがあります。それは、メッセージ。番組には必ず何かポジティブなメッセージがなければならないというふうに思っています。そうい
う日本テレビらしいメッセージと、I.Gがもつ独特の世界。この2つを融合させて新しいものをつくりたいと思っております。これを機に、アニメーションの
新しい形を皆さんに提示できればいいなと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。キーワードは『新世界の創世』です!」

「RD 潜脳調査室」公式サイト
http://www.ntv.co.jp/RD/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中