TVアニメ化も決定の人気シリーズ小説「伯爵と妖精」の、ドラマCD最新作アフレココメント到着!

TVアニメ化も決定した、コバルト文庫の人気シリーズ「伯爵と妖精」。
そのドラマCDの最新作となる「伯爵と妖精~紳士の射止めかた教えます~」の収録時のCVコメントが到着したぞ。

水樹奈々(リディア役)
【エドカーの素敵な囁き、要チェックです☆】
「すごく楽しい収録でした(笑)。やっぱり私的には、エドガーの積極的な押しは、演じていても本当にドキドキして(笑)、リディアとかなりシンクロしておりました。皆さん是非是非、エドカーの素敵な囁き、要チェックです☆」

緑川光(エドガー役)
【とても気持ち良く演じられました(笑)。】
「前
回よりもエドガーにより愛着が湧きまして、とても気持ちよく演らせていただきました。今回は2つお話しが入っていて、両方ともとてもイイお話しだと思いま
す♪ エドガー的に、今回はそんなに重くないお話だったということもあり、リラックスして気持ち良く演じられたかなと(笑)。ダメ出しもほとんどありませ
んでしたし♪ まだまだ原作がたくさんあるし、ほかのお話も今回興味が湧いたので、是非是非、機会があったらまた演ってみたいなと思いました。聴いて下さ
い!」

優希比呂(ニコ役)
【本当に妖精に逢いたいと思ってるんです!】
「僕は基本的にこういう中世
ヨーロッパの雰囲気や、妖精国のような世界観も好きですしキャラクターも大好きなんです。ニコというキャラは妖精で猫なんですが、そういう役はあまりやっ
たことがなくて非常に楽しくて、気に入っているんですよ(笑)。今回すごく気になることがあっ……エドガーは(リディアに対して)待つタイプだと思うので
すが、優希的には“待つしかダメなのかと!”“話してリディアにわかって貰う事は出来ないのだろうかと!”僕はさっきからずっと考えていて、それが今の僕
のテーマなんですけれど……って、僕は何を言ってるんでしょ??? (一同、笑)。でもそんな風に、キャラクターの中に深く入っていくという聴き方も良い
のではないでしょうか(笑)。最後に、本当に妖精に逢いたいと思ってるんです!」

杉田智和(レイヴン役)
【…女装ですよ?】

「感情を抑えたレイヴンは本音が見えず、役者にとっては情報が少ない分どう演じれば良いか常に不安がつきまとっていましたが、彼なりの人間らしい迷いがセ
リフの間として表れていると、何となく自分の中に答えが出ました。さすがに女装しろと言われれば
多少狼狽えます。……女装ですよ? 皆さん今後ともこの『伯爵と妖精』シリーズが末永く続くように、 ご支持をよろしくお願い致します。」

子安武人(ケルピー役)
【僕の弟が宮野くんで良かったです(笑)】
「今
回2つお話があるうちの2つ目のほうに出ています。純愛のとっても素敵なお話だったんです、僕ではなく僕の弟のお話なんですが(笑)。仮にケルピー弟を
【ピー男】としますが(笑)、ピー男に、宮野くんという可愛らしくも僕のとっても大好きな役者さんがやってきてくれたので、そこがまず第1に良かったで
す! 気持ちが良かった~☆ もし嫌いな役者だったらどうしようかと思いました(笑)。本当にとっても楽しくて素敵なお話で、(今回の弟の話など)そうい
うお話を踏まえた上で、今のケルピーがあるんだなっていうのが良く分かったので、とてつもなく好きになれましたね。今後とも、皆さん、よろしくお願いしま
す!」

神谷浩史(ポール役)
【前作と合わせて聴くとより楽しめます!】
「原作も拝見させていただいてい
て、今回は、出て来ないんじゃないかと思っていたのですけれども、出していただいて非常に嬉しく思っております(笑)。アフレコ自体非常に楽しく演らせて
いただいて、久しぶりに奈々ちゃんに逢えて楽しかったなと思っております(笑)。前作から1年位経って続編を出来ることを非常にうれしく思っております。
もちろん今作だけでも楽しめると思いますが、前作を聴いて頂いた方には、より楽しめる内容になっていると思うので、前作と合わせて聴いていただいたらすご
く楽しめると思います!」

大川透(カールトン教授役)
【とっても可愛らしい素敵なお話でした!】
「今回も
とっても可愛らしいお話で、台本を読んだ時もそうですけど、今日スタジオに来て皆さんがお芝居している所をずっと聴いていても、皆さんのお芝居も可愛らし
くて、お父さんとしては、なんだか少し恥ずかしくなるようなとっても素敵なお話でした! 出来上がりも皆さんの期待以上のものになっていると思いますの
で、楽しみにしていて下さい!」

仙台エリ(ナイチンゲール役)
【皆が幸せな恋ができるといいなぁ♪】
「ナ
イチンゲールは、引っかき回し役というか、トラブルを起こしてドキドキさせる、小さな妖精の女の子です。(リディアを)くっつけようとして、結局は自分が
森のあるじとくっついちゃったんですけど(笑)。最近、代永くんには別の番組でも告白されたりして、今回この作品でも告白して貰って……くっついて良かっ
たですね、今回は☆ 皆が幸せな恋ができるといいなぁと思います♪」

代永翼(森のあるじ役)
【ちょっと良いムードになってきたかな(笑)】
「と
ても温かい心がくすぐったくなるような話で、最初台本をいただいた時にもどんどんと物語に引き込まれていき、聴いていても物語にすぐに入り込めるようなス
トーリーになっています。僕は森のあるじという役で登場しますが、仙台さんもおっしゃっていましたが、(リディアたちを)くっつけようとして、逆に2人が
くっついてしまう(笑)。でもその2人の関係を見たことによって、リディアとエドガーもちょっと良いムードになってきたのかなと思います(笑)。すごく良
い話だと思いましたので、是非是非次巻にも参加できたらいいなと思っていますので、皆さんもどうかよろしくお願いします(笑)。」

宮野真守(ケルピー弟役)
【真っ直ぐに想いを伝える事は大切だなぁ~】
「禁
断の愛です! 人間に恋をしてしまって、1回は諦めようとするんだけれども、自分の想いをちゃんと伝えて、それが実るっというような純愛の物語だったので
すが、今回演じていても、本当に心が洗われるようでした! 真っ直ぐに想いを伝える事はやっぱり大切なんだなぁ~と、今日ココで、知ることが出来ました
(笑)。今回この作品に参加できた事が、本当に幸せでした! ネっ、兄さん♪ ケル男(←子安さん命名)兄さんともいっしょにできて幸せです!  実生活
でも幸せになれるように僕ら兄弟もガンバリます(笑)」

佐々木優子(ルース役)
【カップルがいっぱいで楽しく演れました(笑)。】
「今
回初めてこの作品に参加させていただいて、最初はコメディかなと思ったんですけど(笑)、台本を読んだらすごくシリアスで。後半の(ケルピー弟の)お話は
最後はハッピーエンドなんですけど、実はとっても切なくてイイお話だなぁと。しかも宮野くんのような若くてかっこいい男の子が相手で……お姉さんはうれし
かったです☆ 現場も若いカップルがいっぱいだったので、本当に楽しく演らせていただきました(笑)。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中