JAMと観客によるボーダレスな熱い熱唱!「JAM Project NO Border」ツアー初日

 2
月2日、戸田市文化会館で「JAM Project JAPAN FLIGHT 2008 No
Border」の公演が行なわれた。「JAMのツアーとしては1年ぶり」とのことで、今回はブラジルからJAM
Projectの「海外特派員」ヒカルド・クルーズも参加。さらに今年はワールドツアーも計画されおり、本公演がその初日ということになる。

 まず最初は、新曲「No
Border」からスタート。ステージのバックにあるスクリーンに曲のコンセプトとなるビジュアルが流れ、すでに待ちかまえていたかのような観客とともに
熱唱。さらに「Rocks」「STORMBRINGER」「限界バトル」と最初からトップギアで会場はおおいに盛り上がる。
さらに、「牙狼」や「未来への咆哮」などの定番ナンバーで会場のの一体感はさらに増すばかり。会場のこのようすにきただには「客席、最高!」とうれしそうだった。

 中盤のアコースティックコーナーでは、戸田市文化会館での活動についてのはなしにも触れられた。ここは昨年のツアーでゲネプロ(通し稽古)に使われた
ホールで、大勢の客を入れて歌うのは今回が初めてだったそうだ。影山はかつて戸田のジャスコでドラゴンボールZの曲を歌う営業をしていたことがあったと感
慨深げに昔を振り返った。また、はなしがワールドツアーについて触れられた際、きただには「『No
Border』というスローガンをかかげて1年間、海外も含めてライブをしていきます。今も鼻血が出そうなくらいわくわくしてます」と期待に胸をふくらま
し、影山は「ワールドツアーもふたを開けてみないと分からないけど、今年最後までチャレンジしていこうと思います。その最初に来てくれたみんな、ありがと
う!」と感謝のことばを述べた。
 そしてライブは最強のクライマックスに向かって進む。「Break
Out」「VICTORY」「SOULTAKER」と熱いナンバー3連発。客席を見るとほぼ全員総立ちで、メンバー以上に飛び上がっていた。ラストは新曲
の「HERO」で、世界中の子供たちや美しい自然、人々の笑顔などの映像をバックに、ピースフルなノリで締めくくった。

 と、ここで終わらないのがJAM Projectのライブ。アンコールのコールも「アンコール」ではなく「MOTTO
MOTTO!」という独特のもので、最初は小さかった声があっという間に「MOTTO
MOTTO!」コールに包まれる。そしていよいよメンバーの再登場。ヒカルドもノリノリで「アマゾンの力を込めてゴングを鳴らします!」と宣言し
「GONG」のスタート。さらにJAM
Projectとして初めて全員でレコーディングしたという「鋼の救世主」で最初のアンコールは最高潮のまま終わる。しかし、アンコールはやまない。さら
なる「MOTTO
MOTTO!」コールで2度目のアンコールとなる。ラストといったらやはり「SKILL」だろう。SKILL部長こときただにのコールに合わせて
「MOTTO MOTTO!」の波が続き、スクリーンにも「MOTTO
MOTTO!」という映像がでるなど、会場全体がここで燃え尽きてもいいという最強のテンションのまま、初日はクライマックスを迎えた。終演後、会場をあ
とにする客たちが、みんないい笑顔をしていたのも印象的だった。

 ここで初日を終えたメンバーのコメントも紹介しよう。

影山ヒロノブ
「初日ということで緊張していたけど、いつもの年より思いきりできました。去年のゲネプロもここでやったんですが、お客さんの顔がよく見えたのがうれしかったですね」

遠藤正明
「初日は楽しくできました。改めてふんどしを締め直していきたいと思います。戸田はお客さんが近くて、ホント、ノーボーダーという感じでした」
きただにひろし
「ライブが短く感じられて、本当に充実していたんだなあという感じです。みんなの顔が見えたのがすごかったです。その笑顔が元気をくれたという感じで、それに負けないようにしていきたいと思います」

松本梨香
「緊張しすぎて、リハではメチャメチャだったけどお客さんにエネルギーをもらいました。これをツアーにいかしていきたいです」

奥井雅美
「すごく楽しかった! お客さんのエネルギーを吸い取ったという感じですね。友だちといったいになっているかのようでした。感情移入しすぎたところもありましたが、次はもっといいライブができるようにします」

福山芳樹
「いつもライブではペース配分をまちがえているので、平常心と安定感を目標にしてました。最初の踊りは本当はしたくなかったんですけど、本気でやりまし
た。今はやってよかったなと思います。40歳半ばにして、こういうことが考えられるようになりました。ペース配分は、今日はまちがっていなかったと思いま
す」
ヒカルド・クルーズ
「緊張はいっぱいしましたけど、影山さんが言ったように、お客さんの顔が見えると元気になりました。反省すべきこともあるけど、きもちよくできました。最高です!」

ワールドツアーでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今後のJAM Projectの動向から目が離せない。

広告

JAMと観客によるボーダレスな熱い熱唱!「JAM Project NO Border」ツアー初日」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中