「ご愁傷さま二ノ宮くん」キャラクターソングアルバム発売記念 門脇舞以、明坂聡美独占インタビュー

2007年10月から12月までU各局にて放送されていた「ご愁傷さま二ノ宮くん」。
その「ご愁傷さま二ノ宮くん」のキャラクターソングアルバムが2月6日にコロムビアより発売されることになった。
月村真由、北条麗華の新曲をはじめ、エンディングテーマ「ふれふれっぽんぽん!」のRemixバージョンやお色気パワーアップセリフ集などが収録されるなど、盛りだくさんな内容となっている。

今回のCDに参加した月村真由役の門脇舞以、綾川日奈子役の明坂聡美からコメントをいただいた。

–まずは、2007年を振り返ってみて、どんな年でしたか?

門脇「最後にこの作品をやらせていただいたので、二ノ宮くんの印象が強いですね。2007年は、アニメのおしごとをはじめて5年目。節目の年でもあり、後輩も増えてきたので、意識的に落ち着かないとなと思った1年でしたが、あと1~2年かかるかなと(笑)」

明坂「2007年の最初は、まだ学生でした。3月に無事卒業して、社会人1年目になり、二ノ宮くんで終わった年でしたね。社会人になったということで……明坂、オトナになりました!!!」

–「ご愁傷さま二ノ宮くん」が、年末に放送が終了しました。振り返ってみて、どうですか?

門脇「ぶじに終わったなということばが似合うラスト。気になる部分が全部、津波のようにやってきて、ドタバタしながらかわいい感じに終わったような気がします」

明坂「最初から最後までドタバタしていて、12話をダッシュで駆け抜けるようなスピードでした。日奈子に関しては、ドタバタした日常篇が多かったですね。
サキュバスの秘密や真由・麗華・峻護の三角関係の謎が12話で全部わかって、また日常が始まってと、キレイな終わり方をして、楽しい12話でした」

–門脇さんは、イベント出演が多かったですよね?

門脇「そうですね。いろいろなイベントに出させていただいて、作品を堪能する機会が多かったと思います。曲の方も皆さんに愛されて、歌を唄うときは、バックで踊ってくれたポンポンズの2人やお客さんが、いっしょになって盛り上げてくれて、イベントは楽しかったです」

–お2人はレギュラーとしては初共演になりますが、お互いの印象はどうでしたか?

明坂「門脇さんは、絵がうまいって聞いていました。役が決まってスタッフさんから、“日奈子は真由に同人誌のこと教えるけど、門脇さん自身が詳しいよ”っ
て聞いて、実際にみたらホントに上手でビックリしました。あと、雑誌でメガネっ子声優って紹介されていたので、ナマメガネっ子だ~って思いました(笑)」

門脇「雑誌で見ていると、親近感が勝手に湧いちゃいますね(笑)はじめて共演する相手ということもあり、頼っていった部分があったのですが、ほんとうにスゴく頼りになりましたね。アフレコ現場では、日奈子ちゃんとはなしをして調子をつかむ感じでした」

–アフレコ現場の雰囲気はどうでした?。
明坂「シリアスのときはシリアスな空気が流れていたんですが、ギャグのときは混沌としていました(笑)」
門脇「1話だけ参加の人も密かに“やってやろう”と思っている人が多かったと思います」
明坂「“かがみ~”のひとことに必死になっている人も(笑)ふだん、言わないセリフを言うときはテンションが少し変でしたね。」
門脇「皆さん、どんなセリフでも躊躇せずに、言ってました(笑)」

–それぞれ、演じてみて、どうでしたか?

門脇「1話の時点では、恋愛のはなしもあるのかなと思っていたら……(笑)2話からはコメディの方に振り切って、麗華さんとのちぐはな感じや峻護への迷惑のかけ方など、ギャグ中心の9話くらいまではテンションの高い部分に力をそそぎました。」

明坂「日奈子は、同人誌が好きな設定だったんで、そういうはなしが多いだろうと思っていたんですが、実際はエロオヤジ気質なところが目立ったり、おいしい
ところをもっていくキャラクターでしたね。あと、人の扱いがうまいなと思いました。誰とでもなかよくなったり、本音を言わせてみたり演じていて楽しかった
です」

–さて、2月6日に発売するキャラクターソングアルバムですが、明坂さんが歌った「Love & Luck」は、本編ではあまり接点がない3人(綾川日奈子、霧島しのぶ、奥城いろり)で歌っていますよね?

明坂「接点が本当にない3人ですよね(笑)日奈子からみたら、いろりちゃんは敵のような感じですし、しのぶに関して言えば、存在自体を知らないんじゃない
かと思って……。どんな歌になるのかなと思って、ドキドキしてました。でも、歌詞を読んだら、3人それぞれの想いの中に共通点があって、おぉ~って感じで
おもしろかったです」

–歌ってみてどうでしたか?

明坂「千葉さん、綱掛さんとは別録りで、先に収録されたものを聞かせてもらってから収録しました。乙女チックな感じの曲で、かけ声とか入れて楽しくなるように歌いました。」

–門脇さんはどうでしたか?

「曲調が強めで盛り上がる、テンポのいい曲で、最初に歌い方を何パターンか録りました。そのなかからウィスパー系の軟らかい感じの歌い方に決まり、収録し
ました。今回は、ドジを踏むこともなく、誰かが割って入ってくることもなく、自分(真由)のきもちを最後まで歌えました(笑)」

–最後に、2008年の抱負をお願いします。

門脇「今年も、自分を作りながらいろいろなキャラクター演じて、悩みながらも楽しみ、駆け抜けていきたいなと思っています。あとは、骨を強くしたいなと思っています(笑)」

明坂「20歳になったので、お酒が飲めるようになりましたが、お酒には飲んでものまれるなと(笑) 仕事には責任をもって、頑張っていきたいなと思っています。」

門脇・明坂「今回のキャクターソングアルバムは、本当にキャラクターのきもちがストレートに歌われている曲で、ほかにも“お色気パワーアップ”というセリフも収録されているので、ぜひ、聴いてください」

■「ご愁傷さま二ノ宮くん キャラクター・ソング・アルバム~お色気パワーアップ!~」
まる秘リバーシブルジャケット仕様
2008年2月6日発売予定
COCX-34702
定価 2,625円(税込)
発売・販売 コロムビアミュージックエンタテインメント

収録内容
1.ユビキリ(歌:月村真由&北条麗華)
2.お色気パワーアップのセリフ集1
3.1 or 8(歌:月村真由) 
4.お色気パワーアップのセリフ集2
5.Love & Luck(歌:綾川日奈子&霧島しのぶ&奥城いろり) 
6.お色気パワーアップのセリフ集3
7.Black Queen(歌:二ノ宮涼子featuring二ノ宮峻護)
8.お色気パワーアップのセリフ集4
9.大きらい!大好き(歌:北条麗華) *ゴージャス系(ストリングス)
10.お色気パワーアップのトークセリフ集5
11.ふれふれっぽんぽん!(歌:ぽんぽんズ<月村真由&北条麗華&綾川日奈子&霧島しのぶ&奥城いろり〉)
《ボーナストラック》
12.ユビキリ~月村真由ヴァージョン・リミックス
13.ユビキリ~北条麗華ヴァージョン・リミックス
14.ふれふれっぽんぽん!~月村真由ヴァージョン・リミックス
15.ふれふれっぽんぽん!~北条麗華ヴァージョン・リミックス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中